ブログ

生前対策の重要性

超高齢社会に突入した昨今、相続関連の話題には事欠かず常にメディアに取り上げられています。

ここまで取り上げられているにも関わらず円満な形で相続が行われないというのが実情です。

親族間で出来るだけ争いが起こらないように、事前の準備は必須となってきたのではないでしょうか。

まず出来ることから始めてみると良いかもしれません。

生前対策とは

生前対策という言葉がクローズアップされていますが、言葉自体は生前に対策をするという意味で使われており、

実際の施策に関しては遺言書の作成であったり、生前の贈与であったり、保険であったりと様々な具体策となります。

これらの準備をしていないと、残された家族が大変な思いをしてしまう可能性もありますので、

円満な承継をお考えの方は早めに検討される必要があるでしょう。

財産の確認と相続人の確認は少なくとも把握しておく

自身の財産がどの程度あるのか、相続人は何人いるのか。

実際に相続した場合に相続人はどの程度の税金を納める必要があるのか。

この点を把握しておくだけでも出来る対策の幅は広がります。

残したいと思っている土地や財産であったとしても、

土地を相続するのに支払わなければいけない税金を用意していないと売却を検討しなければいけないという話は多々あります。

事前に把握しておくことで、適切な対応が可能となり、財産を守れる可能性も高くなります。

相続人とお金の話をすること

家族間でお金の話をすることをあまり好まないという方が多いのが実態です。

しかし、亡くなった後のことを考えると、話をしないことのリスクが大きいということを理解するべきです。

わからないことが多い場合には、専門家を交えた形で、どのような承継をすべきかということを相続人で話し合い、

最も負担が少なくなるような形をとることで、次世代に無理のない承継をしていける可能性が高まります。

不動産や保険、生前贈与など選択肢は多岐に渡ります。まずは何が出来るのかを知ることが重要です。

関連記事

  1. ふるさと納税について
  2. 宝くじの当選金〜宝くじと税金〜
  3. 確定申告をすると有利になる人について
  4. 消費税の軽減税率制度について
  5. 確定申告を必要とする人について
  6. 税抜か税込かがわかりくい
  7. そろそろ確定申告の季節です。
  8. 贈与について

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP